採寸方法

オーダーカーテン

カーテン専門店サンレジャンが厳選したみなさまの多様なお好みに合う、インテリアコーディネートでご提案する1000種類以上のカーテン生地を取り揃えております。
デザイン、色、素材、機能などでご選択いただいたカーテン生地をグループ会社であるサンリドー縫製工場にてカーテンを製作します。
みなさまのご要望によるデザインカーテンなどオリジナリティあるオーダー製品を製作することも出来ます。
経験を積んだ優れた職人が正確な縫製によって、美しいドレープを持ったカーテンが作られます。
カーテンのスタイルのご要望にも因りますが、製作日数は7~10日間ほど必要となります。

規格サイズカーテン

カーテン専門店サンレジャンがリーズナブルにご提供する既製カーテンは、規格サイズで生産した出来上がりのカーテンです。
多くのみなさまに受け入れられていただけるようなデザインやファッションを取り入れた100種類以上のカーテン生地を利用します。
一般的によく利用される窓サイズに合わせた特定サイズのカーテンをお求め易いお値段でご提供いたします。
カーテン生地によっては、幅・丈サイズの異なる最大20サイズの規格サイズカーテンを常備しています。
オーダーカーテンと比較して、統一された共有の縫製仕様で生産されます。
お住まいのお部屋の窓サイズと合いましたら、その場でお持ち帰りできるとてもお買い得なカーテンです。
お住まいのお部屋の窓と既製カーテンのサイズが合わなかった際は交換します。

イージーオーダーカーテン

イージーオーダーカーテンは、カーテン専門店サンレジャンがリーズナブルにご提供する既製カーテンをご希望のサイズで製作する簡易なオーダーカーテンです。
規格サイズカーテン生地だけを対象にご対応する簡易なオーダーカーテンです。
オーダーカーテンと比較して、統一された共有の縫製仕様で製作されます。
製作日数は共有の縫製仕様のため、1週間ほどで製作できます。

カーテンレールのサイズ

カーテンレールのサイズ

カーテンを利用する窓へカーテンレールを取り付ける際のカーテンレールの長さは「機能性レール」と「装飾レール」とで異なります。
「機能性レール」は窓外枠の幅いっぱいの長さに両端5~10cm加えたサイズが適正です。
「装飾レール」はキャップを含んで窓外枠の幅いっぱいの長さに両端10~15cm加えたサイズが適正です。
両端の余裕は、窓枠とカーテンの隙間を防ぐためと、カーテンを端へ寄せた際に窓からの光をいっぱい取るためです。

掃き出し窓

掃き出し窓

掃き出し窓にご利用するカーテン幅サイズの採寸方法は、カーテンレールの両端に付いているランナー止まり間の長さをお測りください。
カーテンの適正な幅サイズは、その長さの3~5%を増したサイズとなります。
レール幅に対して、カーテン幅サイズの余裕が、ゆったりしたプリーツ感を演出します。
また、カーテン丈サイズの採寸方法は、カーテンレールのランナーより床までの長さをお測りください。
カーテンの適正な丈サイズは、その長さより1~2cm短めとなります。
カーテンが床に擦れてしまいますと、生地が磨耗し傷付いてしまい、埃などで汚れてしまいます。
ドレープカーテンとレースカーテンの二重吊りの場合は、レースカーテンをドレープカーテンより、さらに1~2cm短めとなります。
カーテンを閉じた際に、お部屋側のドレープカーテンの裾より窓側のレースカーテンが見えてしまわないようにレースカーテンの丈を短めにします。

腰高窓

腰高窓

腰高窓にご利用するカーテン幅サイズの採寸方法は、カーテンレールの両端に付いているランナー止まり間の長さをお測りください。
カーテンの適正な幅サイズは、その長さの3~5%を増したサイズとなります。
レール幅に対して、カーテン幅サイズの余裕が、ゆったりしたプリーツ感を演出します。
また、カーテン丈サイズの採寸方法は、カーテンレールのランナーより窓枠の下端までの長さをお測りください。
カーテンの適正な丈サイズは、その長さより15~20cm長めとなります。
ドレープカーテンとレースカーテンの二重吊りの場合は、レースカーテンをドレープカーテンより、さらに1~2cm短めとなります。
カーテンを閉じた際に、お部屋側のドレープカーテンの裾より窓側のレースカーテンが見えてしまわないようにレースカーテンの丈を短めにします。

出窓

出窓

出窓にご利用するカーテン幅サイズの採寸方法は、カーテンレールの両端に付いているランナー止まり間の長さをお測りください。
カーテンの適正な幅サイズは、その長さの3~5%を増したサイズとなります。
レール幅に対して、カーテン幅サイズの余裕が、ゆったりしたプリーツ感を演出します。
また、カーテン丈サイズの採寸方法は、カーテンレールの取り付けが「窓枠内」と「窓枠外」と異なります。
カーテンレールが「窓枠内(図①)」の場合は、カーテンレールのランナーよりカウンターまでの長さをお測りください。
窓枠内レールで利用するカーテンの適正な丈サイズは、その長さより1cm短めとなります。
カーテンレールが「窓枠外(図②)」の場合は、カーテンレールのランナーより窓枠の下端までの長さをお測りください。
窓枠外レールで利用するカーテンの適正な丈サイズは、その長さより15~20cm長めとなります。